Hyper-V統合サービス ( LinuxIC v21.iso )

Hyper-V統合サービスをインストールします。
いつの間にかVerUpされていたようで。。

Ver2.1では以下の機能がサポートされているようです。

  • Driver support for synthetic devices
  • Fastpath Boot Support for Hyper-V
  • Timesync
  • Integrated Shutdown
  • Symmetric Multi-Processing (SMP) Support

この中で、SMPサポート(仮想CPUは4つまで)は大きいと思います。
いままでは、仮想プロセッサ数が1まで対応でしたのでこれが4つまで増やせることは歓迎です。
早くTimesyncもサポートしてほしいものですね。
Timesyncについては、Hyper-Vの制限事項としてゲストOSをRedHat Enterprise Linux 5 x64とした場合、”Pluggable Time Source component”がサポートされないことが原因で、CentOSx86では利用ができません。
x86ではサポートされているようですが、x86にするとこんどはSMPをサポートしなくなることから、どちらを取るかはユーザ次第ということですね。

カーネルバージョン確認
[bash]
[centos@localhost ~]# uname -a
Linux localhost.localdomain 2.6.18-194.17.1.el5 #1 SMP Wed Sep 29 12:50:31 EDT 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
[/bash]

必要なパッケージをインストール
[bash]
[centos@localhost ~]# yum install gcc kernel-headers kernel-devel
[/bash]

統合サービスをマウント&インストール
Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2 ( LinuxIC v21.iso )
[bash]
[centos@localhost ~]# make /media/cdrom
[centos@localhost ~]# mount /dev/hdc /media/cdrom
[centos@localhost ~]# cp -rf /media/cdrom /usr/local/src/LinuxICv21
[centos@localhost ~]# cd /usr/local/src/LinuxICv21
[centos@localhost ~]# make
[centos@localhost ~]# make install
[/bash]

再起動
[bash]
[centos@localhost ~]# reboot
[/bash]

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.