Flash の Click-to-Run 設定について

Windows 10 Creator’s Update より、Microsoft Edge ブラウザでのFlashプラグイン動作は、ユーザが明示的に許可を出す Click-to-Run 方式になりました。

(参考情報)
https://blogs.msdn.microsoft.com/msedgedev_japan/2016/12/19/

Microsoft Edgeブラウザ で Flash を含んだサイトを観覧した際に右上に表示されるの「Adobe Flash コンテンツがブロックされました」というダイアログは Flash の Click-to-Run設定 についての確認ダイアログです。
「常に許可」を選ぶと、今後このサイトでダイアログは表示されず、Flash が実行されます。

この Flash に対する Click-to-Run設定は、レジストリに保存されています。
ただ、閲覧データのクリアやブラウザのリセット操作では初期化されません。
困ったものです。

さらに、Flashを使っているのにダイアログが表示されないサイトもあるのです。
こちらはもっと困りものです。わざわざ Internet Explorer で開かないといけなくなります。


Click-to-Run で Flash の 有効/無効 を切り替えているのであれば、この設定を直接修正してあげればダイアログが表示されないサイトでもFlashを実行させることができます。

該当するレジストリは以下の場所です。

\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\AppContainer\Storage\microsoft.microsoftedge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge\FlashClickToRunList\

Flash設定を初期化したい場合

上記レジストリから該当するエントリを削除すれば初期化されます。

ダイアログが表示されないけどFlashを実行したい場合

上記レジストリにエントリを追加しましょう。

レジストリエディタの右側を 右クリック し、 [新規]-[DWORD(32ビット)値] を選択します。

[新しい値]にFlashを実行したいサイトのスキーマ+ドメイン名を入力します。この時、「://」は省略します。

例えば、郵便局のサービスである、はがきデザインキットのアドレスは「https://design-kit.jp/」です。
このサイトでFlashを動かす場合、入力する名前は「httpsdesign-kit.jp」とします。

次に、先ほど指定した名前をダブルクリックし、[値のデータ]に1を入力し、OKを押します。これでサイト上でFlashが実行されるようになります。

Office365の個人用サイトを削除してはいけない

~本日の教訓~
Office 365 のプラン P2 (Small Business Premium)を契約している人は
「ニュースフィード」の「サイトの設定」画面で
「サイトの操作」「このサイトを削除」を実行してはいけない

この操作を行うと、「個人用サイト」「OneDrive」「ニュースフィード」へのアクセスができなくなります。
他のユーザアカウントも同様にアクセスできなくなります。
ユーザ側の操作では復旧できず、SR(サービスリクエスト)を発行しないといけません。
#サーバ側での作業が必要。

サイトの設定ニュースフィード->サイトの設定

サイトの削除

サイトの操作->このサイトを削除

個人用サイトのルートコレクションを削除しちゃうんですね。コレ。
この削除用のリンクは「ニュースフィード」の「サイトの設定」内のみにあります。
「個人用サイト」や「OneDrive」の「サイトの設定」にはありません。

上位のプランでは、ルートコレクションの作成もできるみたいですが、
プランP2では、そういったことができないため、手の出しようがないのです。
#もともとサイトコレクション数が「1」なため管理項目が無いのかな?

どんな設定ができるのか、かたっぱしから確認していたところ、
こんな状態になったので焦りましたが、SRを発行して無事復旧することができました。
ちなみに、マイクロソフトさんの対応はとても丁寧で安心できましたよ。

WindowsXP SP3 フロッピーブートインストール用ディスクの作り方

SP3統合ディスクを作ったのはいいけども、
CDブートできないPCを使用しているため、インストールできない。。

なんてことになりかけました。
できるかなぁでやってみたらできたので、ご紹介します。

まず、SP2用のフロッピーブートインストール用ディスクを作成します。
作成用のツールは以下のリンク先より入手できます。

Windows XP Professional Service Pack 2用
Windows XP Home Edition Service Pack 2用

実行すると、6枚のディスクができあがります。
この6枚のディスクの中のファイルをSP3統合ディスク内「i386」フォルダにあるファイルで上書きします。
一応ファイル名を見ながら全ファイルを上書きしてみました。

1枚目だけ例外で、1枚目のディスクの中には「TXTSETUP.SI_」というファイルがありますが、「i386」フォルダ内にはこのファイルはありません。
これは「i386」フォルダ内に「TXTSETUP.SIF」というファイルがありますので、このファイルをcabで圧縮し、拡張子を「.cab」から「.SI_」に変更し、フロッピーに入れればOKです。

ちょいと手間でしたけども、この方法で無事にインストールできました。
Professional用でしか確認してませんが、たぶんHomeでもいけるんじゃないかと思います。

あとお決まり文句ですが、自己責任にてお願いしますね。

IEの文字サイズが勝手に変わる現象について

IEでリンク先をクリックするとブラウザの文字サイズが変わる現象が発生していたんだけれども、原因はこれらしい。

http://support.microsoft.com/kb/896315/ja (MSのKBより)

しかも解決策は
「リンク元のHTMLの文字コードをShift JISにてエンコードしてください。」
だそうで。

解決策になってないと思うんだけど・・・

 

–2011/12/05追記

MSから修正プログラムが提供されてますね。
当方はもうIE6を使ってないので試せないのですが・・・