adb コマンド

私がよく使うadbのコマンドのメモ書きです。
このコマンドは android_sdk/platform-tools/ にありますので、あらかじめパスを通しておくと便利です。

Android Debug Bridge
https://developer.android.com/studio/command-line/adb.html

端末の照会

複数のエミュレータや端末が接続されている場合、adbコマンドを発行する際、ターゲットインスタンスを指定する必要があります。
このコマンドでは接続されている端末のリストを表示できます。

$ adb devices
List of devices attached
XWB6R17410001612        device

このコマンドは、各インスタンスに関する次のステータス情報を出力します。

  • シリアル番号
    エミュレータ / 端末インスタンスを一意に識別するために adb が作成する文字列です。
  • 状態
    インスタンスの接続状態です

上記の例であれば、「XWB6R17410001612」がシリアル番号、「device」が接続状態を示します。

特定の端末へのコマンドの送信

ターゲットインスタンスを指定して操作する必要があります。
この指定に -s パラメータを使います。

$ adb -s serial_number command

アプリのインストール

端末にアプリをインストールすることができます。

$ adb install path_to_apk

shell コマンドの発行

shell コマンドを使用すると、エミュレータ / 端末でshellコマンドを発行できます。

$ adb [-d|-e|-s serial_number] shell shell_command

端末への / 端末からのファイルのコピー

adb コマンド pull および push を使用して、エミュレータ / 端末インスタンスにファイルをコピーしたり、エミュレータ / 端末インスタンスからファイルをコピーしたりできます。

エミュレータ / 端末からファイルまたはディレクトリ(およびそのサブディレクトリ)をコピーする場合

$ adb pull remote local

エミュレータ / 端末ファイルまたはディレクトリ(およびそのサブディレクトリ)をコピーする場合

$ adb push local remote

これらのコマンドにある local と remote は、開発マシン(local)とエミュレータ / 端末インスタンス(remote)のターゲットファイル / ディレクトリへのパスをそれぞれ示しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *