KUSANAGIのWordPress環境をIPv6対応させてみる

WordPressのnginx + php-fpm環境でIPv6対応します。

nginxの設定ファイルを編集します。
デフォルトでは、ipv4の定義しかありませんので、ipv6の定義を追記します。
/etc/nginx/conf.d のそれぞれのバーチャルドメインの設定を変更します。
HTTPとHTTPSの2つ設定ファイルがあるので、それぞれ修正します。


serverディレクティブ内のListenの行を追記します。
ipv6を示す [::]: を追加します。

# /etc/nginx/conf.d/hogehoge_ssl.conf
server {
        listen       443 ssl http2;
        listen       [::]:443 ssl http2;
        server_name  blog.nyamulab.net;
# /etc/nginx/conf.d/hogehoge_http.conf
server {
        listen       80;
        listen       [::]:80;
        server_name  blog.nyamulab.net;

続いてアクセス制限をかけている部分を修正します。
デフォルトで allow 0.0.0.0/0; があるためIPv4アドレスではアクセス制限をかけていないことになりますが、IPv6は該当しないため、制限されていまいます。
ですので、IPv6のアドレスを同じように許可します。
IPv6の全アドレスを示す allow ::0/0; を追記します。

location ~* /wp-login\.php|/wp-admin/((?!(admin-ajax\.php|images/)).)*$ {
    satisfy any;
    allow 0.0.0.0/0;
    allow 127.0.0.1;
    allow ::0/0;
    deny all;

上記の例では、制限なしとなりますので、適切に記述すればよいかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.