phpMyAdmin(4.6.6) Install

php7.1 + phpMyAdmin4.6.6 をインストールします。

外部レポジトリ(Remi)にrpmパッケージでありますので、こちらを利用したいと思います。

# yum install --enablerepo=remi,remi-php71 php phpMyAdmin

依存関係で一緒にインストールされるパッケージの一覧です。

=================================================================================================================
Package Arch Version Repository Size
=================================================================================================================
Installing:
php x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 3.0 M
phpMyAdmin noarch 4.6.6-1.el7.remi remi 4.5 M
Installing for dependencies:
dejavu-fonts-common noarch 2.33-6.el7 base 64 k
dejavu-sans-fonts noarch 2.33-6.el7 base 1.4 M
gd-last x86_64 2.2.4-1.el7.remi remi 131 k
libXpm x86_64 3.5.11-3.el7 base 54 k
libtidy x86_64 0.99.0-31.20091203.el7 epel 132 k
libwebp x86_64 0.3.0-3.el7 base 170 k
libzip-last x86_64 1.1.3-1.el7.remi remi 45 k
php-bcmath x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 63 k
php-cli x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 4.6 M
php-common x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 1.0 M
php-fedora-autoloader noarch 0.2.1-2.el7.remi remi 8.3 k
php-gd x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 69 k
php-gmp x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 62 k
php-json x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 55 k
php-mbstring x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 572 k
php-mysqlnd x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 224 k
php-pdo x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 118 k
php-pecl-zip x86_64 1.13.5-2.el7.remi.7.1 remi-php71 51 k
php-php-gettext noarch 1.0.12-1.el7.remi remi 21 k
php-phpseclib noarch 2.0.4-1.el7.remi remi 203 k
php-process x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 72 k
php-recode x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 40 k
php-symfony-class-loader noarch 2.8.18-1.el7.remi remi 25 k
php-symfony-common noarch 2.8.18-1.el7.remi remi 130 k
php-tcpdf noarch 6.2.13-1.el7.remi remi 2.1 M
php-tcpdf-dejavu-sans-fonts noarch 6.2.13-1.el7.remi remi 257 k
php-tidy x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 57 k
php-udan11-sql-parser noarch 3.4.17-2.el7.remi remi 86 k
php-xml x86_64 7.1.3-1.el7.remi remi-php71 204 k
recode x86_64 3.6-38.el7 base 718 k

Transaction Summary
=================================================================================================================
Install 2 Packages (+30 Dependent packages)

MariaDB Install(CentOS7.3)

OSはCentOS7.3を使用します。
ほぼ初期の状態からの設定メモです。

$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

CentOS7からMySQLがMariaDBに変更されています。
今後使用するSQLサーバとしては、MariaDBが使われることになりそうです。
通信プロトコル周りでは、同じプロトコルが利用されるようですので、Webアプリケーションなど、ユーザレベルではあまり差を意識しなくせ済みそうですし、MariaDBは標準でスレッドプールが利用できるので、簡単なSQL利用であればパフォーマンスなど有益に働きそうです。
ただ型の扱いなどが完全互換ではないので、そのあたりは確認しましょう。

ということで、MariaDBをインストールしてみます。

Continue reading →

BOINCクライアントのコンパイル ( Scientific Linux 7.2 )

投稿時点でのメモです。

コンパイルに必要なパッケージのインストール

# yum install git m4 autoconf automake libtool libcurl-devel openssl-devel gcc-c++

gitを用いてソースファイルのダウンロード&チェックアウト

$ git clone https://github.com/BOINC/boinc boinc
$ cd boinc
$ git tag
$ git checkout client_release/7.6/7.6.22
$ git status

環境変数が英語でないとautosetupが動かなかったため、一時的に変更し実行します。

$ export LANG=C
$ ./_autosetup
$ ./configure --disable-server --disable-manager --enable-client --enable-optimize --disable-libraries --disable-install-headers
$ make
# make install

Linuxで無線LANアクセスポイントに接続する

必要なパッケージをインストールします。
#wireless-toolsパッケージはiwconfigを使いたいため
#wpa_supplicantパッケージは暗号化にWPAを使用したいため

$ sudo yum install wireless-tools wpa_supplicant

wpa_supplicantがdbusを使っているようですので、
インストールされていない場合はインストールしておきます。

$ sudo yum install dbus
$ sudo service messagebus start

パスフレーズを生成します。

$ sudo wpa_passphrase "無線LANのESSID" "暗号化キー" > /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.confに以下の記述を追記します。
#ssid=”xxxxxxxx”の下あたりに追記します。

        proto=WPA WPA2
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
        group=CCMP

wpa_supplicant をフォアグラウンドで起動します。

$ sudo wpa_supplicant -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf -i wlan0 -Dwext

別窓で iwconfig を実行しリンクが確立できていること等を確認します。

$ iwconfig

wpa_supplicantをCtrl+Cで停止します。

サービスを起動します。

$ sudo service wpa_supplicant start
$ sudo chkconfig wpa_supplicant on

リブートして確認します。

$ sudo reboot

BOINCクライアントのコンパイル ( CentOS 7 )

コンパイルに必要なパッケージをインストールしておきます。

$ sudo yum install git m4 autoconf automake libtool libcurl-devel openssl-devel gcc-c++

gitを使ってソースファイルをダウンロードします。

$ git clone git://boinc.berkeley.edu/boinc-v2.git

投稿時点では、7.4.22が最新のようでしたので、
タグをチェックアウトします。

$ cd boinc-v2
$ git tag
$ git checkout client_release/7.4/7.4.22
$ git status

公式のwikiでは、ここで ./_autosetup を実行とあるのですが、当方の環境では正しく動いていないようだったので、代わりに autoreconf を実行します。
続いて ./configure 、 make とコンパイル作業を進めていきます。

$ autoreconf -i
$ ./configure --disable-server --disable-manager --enable-client CXXFLAGS="-O3 "
$ make
$ sudo make install

boincユーザを作成します。

$ sudo useradd -d /var/lib/boinc boinc

サービスの起動設定を行います。

$ sudo chkconfig boinc-client on
$ sudo service boinc-client start

BAM!と接続します。

$ cd /var/lib/boinc
$ boinccmd --join_acct_mgr bam.boincstats.com [user] [password]

yum-fastestmirror の高速化(国内ミラー選択設定)

最近のCentOSではyum-fastestmirrorプラグインがデフォルトで有効となっていますが、海外のミラーサイトが選択されてしまいダウンロードに時間がかかることがあります。

そこで、国内のミラーサイトが優先的に選択されるように設定したいと思います。

国内であれば、理化学研究所(理研)やJAIST(北陸先端科学技術大学院大学)のサイトを指定するとダウンロード速度が速くなるでしょう。
fastestmirror.conf に prefer パラメータを追加します。

理化学研究所(理研)

# vi /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf
----------------
prefer=ftp.riken.jp
----------------

JAIST(北陸先端科学技術大学院大学)

# vi /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf
----------------
prefer=ftp.jaist.ac.jp
----------------

設定したら、一度キャッシュをクリアしましょう。

# yum clean plugins

ドメインが指定できる、include_onlyでもいいのですが、

include_only=.jp

を指定するとupdatesなどで国内の遅いミラーを優先してしまう場合があります。
環境や時間にもよるかと思いますが、国内でも遅いサーバがあるようです。
#当方の環境では、mirror.fairway.ne.jpからのダウンロードが遅いので除外指定しています。

Oracle Database XE のインストール (作業メモ)

インストール

# yum install libaio bc
# unzip oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm.zip
# cd Disk1/
# rpm -ivh oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm

環境変数設定

$ cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/xe/bin
$ . ./oracle_env.sh

リモートからのアクセス許可

$ sqlplus system
SQL> EXEC DBMS_XDB.SETLISTENERLOCALACCESS(FALSE);

 

Oracle® Database Express Editionインストレーション・ガイド
http://docs.oracle.com/cd/E36055_01/install.112/b66469/toc.htm

DB/Oracle/XE 環境構築
http://wiki.kurokobo.com/index.php?DB%2FOracle%2FXE%20%B4%C4%B6%AD%B9%BD%C3%DB

Scientific Linux のアップグレード(6.4 -> 6.5)

# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.4 (Carbon)

# yum clean all
Loaded plugins: fastestmirror, security
Cleaning repos: xxxx xxxx sl sl-security
Cleaning up Everything
Cleaning up list of fastest mirrors

# yum --releasever=6.5 update sl-release
・・省略・・
Complete!

# yum update
・・省略・・
Complete!

参考:
Scientific Linux – How To Upgrade To The Latest S.L. 6.x Release