にゃむラボ

趣味の工作とか。備忘録とか。独り言とか。

カテゴリー: 鯖缶 (2ページ/5ページ)

Oracle Database XE のインストール (作業メモ)

インストール

# yum install libaio bc
# unzip oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm.zip
# cd Disk1/
# rpm -ivh oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm

環境変数設定

$ cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/xe/bin
$ . ./oracle_env.sh

リモートからのアクセス許可

$ sqlplus system
SQL> EXEC DBMS_XDB.SETLISTENERLOCALACCESS(FALSE);

 

Oracle® Database Express Editionインストレーション・ガイド
http://docs.oracle.com/cd/E36055_01/install.112/b66469/toc.htm

DB/Oracle/XE 環境構築
http://wiki.kurokobo.com/index.php?DB%2FOracle%2FXE%20%B4%C4%B6%AD%B9%BD%C3%DB

Scientific Linux のアップグレード(6.4 -> 6.5)

# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.4 (Carbon)

# yum clean all
Loaded plugins: fastestmirror, security
Cleaning repos: xxxx xxxx sl sl-security
Cleaning up Everything
Cleaning up list of fastest mirrors

# yum --releasever=6.5 update sl-release
・・省略・・
Complete!

# yum update
・・省略・・
Complete!

参考:
Scientific Linux – How To Upgrade To The Latest S.L. 6.x Release

 

Office365の個人用サイトを削除してはいけない

~本日の教訓~
Office 365 のプラン P2 (Small Business Premium)を契約している人は
「ニュースフィード」の「サイトの設定」画面で
「サイトの操作」「このサイトを削除」を実行してはいけない

この操作を行うと、「個人用サイト」「OneDrive」「ニュースフィード」へのアクセスができなくなります。
他のユーザアカウントも同様にアクセスできなくなります。
ユーザ側の操作では復旧できず、SR(サービスリクエスト)を発行しないといけません。
#サーバ側での作業が必要。

サイトの設定ニュースフィード->サイトの設定

サイトの削除

サイトの操作->このサイトを削除

個人用サイトのルートコレクションを削除しちゃうんですね。コレ。
この削除用のリンクは「ニュースフィード」の「サイトの設定」内のみにあります。
「個人用サイト」や「OneDrive」の「サイトの設定」にはありません。

上位のプランでは、ルートコレクションの作成もできるみたいですが、
プランP2では、そういったことができないため、手の出しようがないのです。
#もともとサイトコレクション数が「1」なため管理項目が無いのかな?

どんな設定ができるのか、かたっぱしから確認していたところ、
こんな状態になったので焦りましたが、SRを発行して無事復旧することができました。
ちなみに、マイクロソフトさんの対応はとても丁寧で安心できましたよ。

Scientific Linux のアップグレード(6.2 -> 6.3 -> 6.4)

6.2から6.3へのアップグレード。

# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.2 (Carbon)

# yum --releasever=6.3 update sl-release
Loaded plugins: fastestmirror, security
Determining fastest mirrors
epel/metalink                                            | 6.5 kB     00:00
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * sl: ftp.riken.jp
 * sl-security: ftp.riken.jp
・・省略・・
Complete!

# yum update
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * sl: ftp.riken.jp
 * sl-security: ftp.riken.jp
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
・・省略・・
Complete!

6.3から6.4へのアップグレード。

# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.3 (Carbon)

# yum --releasever=6.4 update sl-release
Loaded plugins: fastestmirror, security
Determining fastest mirrors
epel/metalink                                            | 6.1 kB     00:00
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * sl: ftp.riken.jp
 * sl-security: ftp.riken.jp
・・省略・・
Complete!

# yum update
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * sl: ftp.riken.jp
 * sl-security: ftp.riken.jp
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
・・省略・・
Complete!

カーネルが更新されたので、いったんリブート

# reboot

rpmで変更されたファイルを確認、
サービスの稼働状況を確認して、アップグレード完了。

Scientific Linux LiveCD カスタマイズ

SL(Scientific Linux)のLiveCDを使ってみて、次の機能が欲しかったのでカスタマイズしてみました。

カスタマイズしたい内容
・KNOPPIX みたいに、起動時にスクリプトを実行させたい。
・GUI は余り使わないので Runlevel 3 で起動してほしい。
・rhgb いらなくね?

続きを読む

2/5ページ

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén