コンパイルに必要なパッケージをインストールしておきます。

$ sudo yum install git m4 autoconf automake libtool libcurl-devel openssl-devel gcc-c++

gitを使ってソースファイルをダウンロードします。

git clone git://boinc.berkeley.edu/boinc-v2.git

投稿時点では、7.4.22が最新のようでしたので、
タグをチェックアウトします。

$ cd boinc-v2
$ git tag
$ git checkout client_release/7.4/7.4.22
$ git status

公式のwikiでは、ここで ./_autosetup を実行とあるのですが、当方の環境では正しく動いていないようだったので、代わりに autoreconf を実行します。
続いて ./configure 、 make とコンパイル作業を進めていきます。

$ autoreconf -i
$ ./configure --disable-server --disable-manager --enable-client CXXFLAGS="-O3 "
$ make
$ sudo make install

boincユーザを作成します。

$ sudo useradd -d /var/lib/boinc boinc

サービスの起動設定を行います。

$ sudo chkconfig boinc-client on
$ sudo service boinc-client start

BAM!を接続します。

$ cd /var/lib/boinc
$ boinccmd --join_acct_mgr bam.boincstats.com [user] [password]